静岡旅行 1日目(5/4)

序章

そういえばGW暇だからどこか1泊2日でどこ行こうかなと色々と考える数日前。
GWに出かけるのであれば
1、青春18切符などお得な切符が使えないので普通運賃でも割損に感じない移動距離
2、かつ東京から日帰りでは訪れにくい場所
3、直前の計画なので泊まるのは観光地でなく比較的安くて空きのある地方都市

1と2を勘案しつつ思いついた場所が静岡県の大井川鉄道

大井川鉄道は静岡県の金谷駅から大井川流域を走り、井川までを結ぶ鉄道。
距離は65kmほどだが、全線を乗破するには3時間もかかるゆったりした路線で、井川から金谷方面の最終列車も静岡方面の最終バスも15時台と非常に早い…
東京から金谷までも東海道線で4時間近くかかるしで、東京から日帰りだと朝早く出かけてもとんぼ帰りで井川まで行って帰れるかどうか…と厳しい

やはりゆっくり回りたいので行くなら前泊を挟んで1泊2日にしたい。
一方で青春18切符で2枚分使っていくにはあまり元が取れない場所…ということで18切符の設定の無いこのシーズンにぴったり!ということになったw

また沿線には寸又峡温泉などがありますが、温泉や旅館を楽しみたいわけで無ければ大井川鉄道の起点、金谷駅の隣の島田駅に安いホテルがいくつかある。(GW中に前日に予約したにも関わらず3990円で済んだ!)
早起きすれば大井川鉄道の始発にも乗れるのでこれでも一日ゆっくり沿線を回ることができる!

でもそれだと島田に行くまでの1日目の予定が空っぽなので何か適当に予定詰め込もう…と考えた結果こうなった!

1日目:
自宅→私鉄→御殿場線・東海道線(この中の適当なところで途中下車しながら)→藤枝駅→藤を見に行く→島田駅

2日目:
島田駅→金谷駅→大井川鉄道(この中の適当なところで途中下車しながら)→井川駅→周辺散策→コミュニティバス/路線バス乗り継ぎ→静岡駅→東海道線→私鉄→自宅

1日目

安いけど微妙な小田急線

一番安いルートを取るため小田急線から新松田駅まで行き、そこから御殿場線へと乗り込もうと計画。
小田急線で快速急行に乗って新松田方面へと向かったけれども…

快速急行は当然のように満員→快速急行と接続する新松田方面の急行は6両+ドアが広くて席の少ない車両で座れない→さらに途中の秦野駅で特急の待ち合わせ

といった具合に次は特急乗ってよねと露骨に言われたかのような気がしかしないww
そんなこんなで1時間ほどで新松田に着き、御殿場線へ乗り換え。

新松田駅から。もう旅をしてきたかのような風景だが、ここでも10分に1本列車が来るあたり小田急はすごい…

都会の感覚が通用しないJR

気ままにICカードで乗って適当な駅で降りようと思ったものの、圏外
仕方なく切符買って乗ることにしましたが、ふとあることに気づいた。
乗車距離が100km以上かつ大都市近郊区間内完結でなければ途中下車可能
首都圏や関西だとかなり遠距離まで近郊区間に指定されてるので100km以上でも途中下車出来ないことが多いですが、幸い静岡らへんは大都市近郊区間でないので100km以上の切符を買えば途中下車し放題!やったね!
てなわけで島田駅までの切符を購入!2210円。


ん…2日間有効…!?
ということは明日乗る隣の金谷のぶんまで買っておけばきっとおトクだったに違いないけど後の祭り。仕方ない…

御殿場線は1時間に1本2両編成の電車が来るかどうかだけの路線だけど本日は満員…増発するか4両にして下さいJRさん
小田急から引き続いて立ちっぱなしなので疲れつつ、途中下車する駅を調べてみる。御殿場が有力候補かなと思いつつも、駅近のスポットが見つからないのでスルー。しかも御殿場で大半の人が降りてようやく座れたので余計にスルー。

私鉄直営!レンタサイクルで吉原駅周辺めぐり

そこでふと思いつく。東海道線で通る時にいつも気になってた街並があったことに。
それは吉原駅周辺。
吉原駅周辺を通るとき工場が建ち並ぶ光景があって、途中下車してみたいなと通るたび思ってたのを思い出す。
そこで自転車で散策できないかと調べてみると…あった!しかも地元私鉄(岳南電車)直営
ということで吉原で途中下車することに決定!

岳南電車の吉原駅。なんとも昔ながらの雰囲気

早速駅で自転車の貸し出し手続きして料金(1日500円)を払うと、出てきたのは折り畳み自転車。
ついでに無料オプションで輪行袋も貸し出してくれるのだが、30分に1本の私鉄でしかも10km未満の距離、さらに遠回りしている路線なので正直使いどころが分からないw
その距離だったら手間かけて電車に乗るより直接自転車で戻ったほうが早い気がするので輪行袋は持って行かなかった。

ブレーキの効き、サドルの高さを確認して発進しようとすると…左に曲がると止まってしまった。
下手に解体と組み立てを繰り返したせいかブレーキワイヤーが干渉してるらしく、修正して何度やっても同じだったので自転車を交換してもらったww発車前の確認は大事。
この自転車にお世話になる

さっそく自転車を走らせると、こんな風景に出会ったり


早速工場萌えな雰囲気に浸りつつ、今度は市街地から離れた方を目指してみる

さらに鉄道の雰囲気を自転車から味わう

高いところから眺めたり、独特の鉄道の雰囲気を味わったりも出来ておトク感満載の街並みだった。やはりこの街で貸し自転車をやってくれるとは嬉しい。

藤は見納めな藤枝だけど…

さて吉原を後にして東海道線に揺られて1時間、藤枝駅からさらに新静岡行きのバスに乗ると蓮華寺池公園に着く。
藤枝と「藤」の文字が入ってるだけあって、藤の名所にすべく力を入れているようだったが、一見するとどこに藤があるかも分からない。
藤祭りをやっていたらしいが時刻も18時前で辺りは暗くなり始め、人の少なさで戸惑う。どうやら見頃は過ぎてしまったようだった…

なんとかして咲いてる場所を探し、藤の写真を収めてみる

長くて景色のいい滑り台

公園の周りを1周した後、長い滑り台を見つけたので童心に帰って上へと登って行くことにした

それはおそらく自分が子供の頃には経験したことのないほど長くそして綺麗な景色だったのでついゆっくり見とれつつも、止めた手を離すとあっという間に元の位置に戻ってしまった。


帰りのバス停から。電飾がなんとなく藤を彷彿させる

駅に戻って食べログで店を探す。ネタが大きいマグロ丼で880円。満足いく結果だった。

さて藤枝を後にし、明日への期待を胸に膨らませつつ本日の宿島田へと向かった。

2日目はこちら