Caad8 7 Sora 2015年モデルの重量計測

家にある計りがかなりアバウトなので誤差が少なからずあるかもしれませんがご容赦下さい。

前輪

IMG_1150.JPGタイヤ、チューブ、クイックリリース等そのままの状態でまとめてまず測ってみると…1470gとかなりの重量級になってます…

ホイール本体

IMG_1153.JPG
Muddux R3.0です。
右の画像の約970gがホイール本体でした。
ただリムテープに加えて反射板も付いた状態の結果でしたので、それぞれ20gと仮定すると、約930g〜がカタログスペックでしょうか。
WH-R500に交換しても軽量化になりそうですねw

クイックリリース

IMG_1156.JPG
約55gでした。

タイヤ

IMG_1154.JPG
Shwalbe LUGANO 25Cのワイヤービード版で、実測したところ(左画像)約350gでした。軽量化の余地がふんだんに残されてますねww

チューブ

IMG_1155.JPG
Shwalbeの15SVチューブに交換した結果約100gです。
元から入ってたのはKENDAのチューブで80g程度だったのですが、18-23C用とあれ…タイヤとサイズが合ってない状況だったためショップで無料で交換しました。

後輪

IMG_1161.JPG前輪と同様にタイヤなどを外さずまとめて測ると…2kgのはかりがまわり回ってほぼゼロを指してますwちょうど2000gありますね。

クイックリリース

IMG_1156.JPG後輪の方のクイックリリースは前輪よりやや重く、65g程度でした。

ホイール本体・スプロケット

IMG_1163.JPGスプロケット込みの重量で約1510gでした。
スプロケットについて公式サイトで確認してみると、SRAM PG-950, 11-28のようです。
で、さらにこのスプロケットの詳細情報を見ると‥重量は230gです。スプロケ回しをまだ持ってないので単体の重さを実測できずorz
さらにスプロケットとホイールの間に透明な丸い板が挟みこんであったのですが、スペーサー兼スポークプロテクターのようで…日本では無くてもいいもののアメリカでは取り付け義務がある関係で付いてるようですね。重量はよくわからず…orz

さて、調べたスプロケットの重量を単純に差し引きすると1280gがホイールの重量になります…鉄下駄だ。

反射板とリムテープに加え、スポークプロテクタを加えた重量なので、全部除けば多少は軽くなるはずですが、それでもカタログスペックで1200g前後と考えたほうがいいみたいです。

ということでホイールの重量を前後足してみるとリムテープや反射板、スポークプロテクタ抜きで2130g前後、付けると2250g前後でしょうか。
どのロードバイクホイールに変えても間違いなく軽量化出来そうですw

本体などその他

一つ一つ取り外して計測できる手間暇も工具も無いので(初心者ですみません)、別売りで付けたペダル(フラットペダル)、および反射板は残したまま足回り以外をまとめて計測しました。

IMG_1169.JPGIMG_1170.JPG
こんな感じで前に2kgまでの計りを、後ろに体重計を使う荒業でざっと計測した感じですが…
結果は…約6.0〜6.1kgでした

合計

前後のホイールが合計3.5〜3.6kgでしたので、ペダル込みで約9.6kgというところでしょうか。
別売りで付けたペダルを外せば-0.3kg、さらに付属の反射板を外せば-0.1kgと考えると、カタログスペックは9.2kg相当でしょうか。

他の製品のカタログスペックだと反射板の有無の言及が無いので比較する際にはなんとも言えませんが…

もう少し厳密に図れるよう精密な測りや工具を持ち合わせられるようになったらまた測って随時更新したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です