謎のイベント、デパートメントHがよく分からないから行ってみた

月に1回深夜に開かれる謎のイベント

月に1回、土曜日の深夜に「デパートメントH」というイベントが開かれるらしい。
名前からしてもHとはなんなのか、怪しい。
検索しても 変態 紳士/淑女たちが集まり、各々思い思いの格好をして集まるということは分かったが、それ以上のことは調べてもよく分からない…

何かアンダーグラウンドな怪しい雰囲気を醸し出してるし、気になるが、公式ブログを覗いても開催情報しか載ってないから具体的にどんな雰囲気かもよく分からない。
なら余計気になってしまうということで行ってみた。

さて、何を着て出かけるか

どうやらデパートメントHにはドレスコートがあるらしい。それもスーツや正装ではなく、逆に 受付の人の主観で気に入った ものでないといけないらしい。こんなに難しいマナー問題が他にあるだろうか。
そこまで極めたフェチがあるかというとそうでもないし、かといって普通に私服では面目がない…
普通の女装やコスプレではなんか場違いな気がするし、そうでないとするなら…としばらく悩んで出んだ末、

子供っぽくて時々いたずらをしたくなる僕は、お仕置きとして 縛られた幼稚園児 になった…という設定を編み出してしまうのであった。

深夜の街へ

終電でふらっと都心へと出かけるのは、なんだかイケナイことをしているような非日常感がしていい。そう思いつつ鶯谷駅へ。
そして終電で来てしまったので、もう後戻りはできない。さあ覚悟を決めて橋を渡り、会場を目指す。

傍から見ると人が何人かたむろしているようで怪しい。入り込むと身分確認をまずはお願いされる。それを済ませばフライヤー(※割引になる)を渡されて、中へと入れる。
早速足長なおじさんの仮想に度肝を抜かれながら、受付へと上がっていく。

そしていよいよドレスコード審判の時。受付のお姉さまに縄と幼稚園児の衣装を見せてみる…
縄も麻縄ではなく初心者向けのグッズなので当然のごとくにわかであることが見抜かれてしまい、あまり歓迎してくださる雰囲気ではない様子
…しかしながら悩んだ末半分だけ適用してくれた。ありがたや。

結構フランクな雰囲気

辺りを観察していると何がなんやら、様々な衣装を身にまとった…あるいは裸に近いフレンズたちもドッタンバッタン大騒ぎしている。
うーん、けどいきなり迷い込んだ僕には一体どうすればいいものか、やはり分からず心細い。

とりあえずは、まず更衣室で着替えてみよう。(ただし、そこそこ狭めなので注意)

縄を持てば縛られる

とりあえず着替えたはいいが、まだまだひよっこなので縄の縛り方も覚えられていない。

相方がスマホを片手にして調べ、縄を片手に持ちながらこうでもないああでもないと悩みながら立ち尽くしていると…
突然海外(?)の方に声をかけられて、どちらを縛ってほしいのかと尋ねたので、一緒に僕を指した。女性のほうでなくてごめんな。
すると、そのままひょひょいのひょいっと縛っていくではないか!

しかも確かに痛くない。いろんな緊縛をしてきた経験を語ってくれたが、それも納得の上手さだった。
そしてSee you!の印にお尻をペンッと叩いて、人ごみの中へと紛れていった。叩き加減まで完璧だ。

なかなか色々な意味で広く深い世界のようだ。

圧巻のストリ〇プショー

何かよく分からないけど盛り上がってるステージだなと遠巻きに眺めていたら、秋月穂乃果さんによるショーがどうやら開かれるようだ
(どこかで聞いたことがある名前だなと思ったら…もしや、ストリ〇パーかということに気付いてしまった)

10mくらいはありそうな天井から布がひらひらと垂れ下がっている。
それを足を使って器用に布の足場を作りながら、妖艶な演技でだんだんと昇っていく…どうやら命綱もなさそうなのに、すごいショーだ…
そしてストリ〇プらしく1枚ずつ艶やかに脱いでいく…

さすがに法的な問題もあってか全裸一歩手前でフィニッシュ…とはいえ大満足なショーだった。
※どうやら毎月行われるコンテンツではなく、しかも僕が来た回が初めてだそう。タイミングがよかった。

だんだんわけが分からなくなり退散

それからはゆるキャラっぽい何かが乱入したり深夜テンション真っ盛りのレスリングが開かれていたり、

さらには参加者の方々が自由に自分たちのイベントを宣伝するコーナーが開かれてたりしていた。
SM系のイベントから〇〇さんの精神病院退院記念パーティーまで…なかなかレベルの高さではピカイチなイベントが目白押しのようだ。

…うーん変態にまだなり切れない自分には早い世界だったなあ…と夜が更けていくとともに感じつつ、退散。
生まれながら東京で暮らしていても、夜の東京ってまだまだよく分からないなあと改めて思いつつ、始発電車で帰路に向かった。

まとめ

  • 想像以上にレベルの高い(誉め言葉)人たちが集まっていた。
  • 衣装はSMから裸っぽいものからコスプレ・着ぐるみなど様々。逆にドレスコードという言葉を真に受けてかスーツの人も見かけた。
  • 会話で華やいでいても内輪感はあまり無い。フランクな方や親切な方が結構いるので、初めて迷い込んでも心配はいらない。
  • ただボディタッチは容赦ない雰囲気なので抵抗のある女性は要注意。
  • お酒が入っていれば舞台で開かれるコンテンツも楽しめるかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。