料理教室のコスパについて考えてみた。高いお金を払う価値は?パンとケーキもする価値は?

料理教室でパンをやたら勧められるので

妻が手料理を上手くなりたい!とのことで一緒に某料理体験教室に行ってみたところ、料理教室だけで30万円強、パンとケーキを合わせると総額60万円強とかなりのお値段がするようでした。
まあ1回あたりで割れば5000円程度なので、妥当な額ではあるのですが。
一方でパンとケーキのコースが20%OFFでしかもパンについてはむっちゃ勧められるので、本当に必要でお得なのだろうか…?とアドリブの頭を動かして考えてみました。
その時の思考ログを記してみたいと思います。

いくつかの観点をひねり出して分析してみる

試算前提:家族4人としてみる。

1人暮らしや2人暮らしの場合、どうしても作り置きを4~5回に分けて食べるといった苦行でもしない限り、自炊自体がどうあがいても割に合わないので割愛しますw
ということで、4人家族の前提で試算してみようと思います。

コスト削減効果

自炊でまず大事になるのはコスト削減効果!ということで1食あたり原価と既製品の標準的な価格の差から、ざっくりどれくらい節約できるか適当に考えてみたいと思います。

料理 パン ケーキ
原価 200円 50円 100円
既製品 500円 150円 350円
差額(価格) 300円 100円 250円

超ざっくりですが、こんなものでしょうか。やっぱり元の値段が安いパンはあまり効果が無い気がします。

結論: 料理・ケーキ→〇、パン×

1回に作れる数

コスト削減効果を高めるうえでは、一度に作れる数が多ければ多いほど掛け算で増えるので、大事な要素ですね!

  • まず、料理については作り置き許容で1人2食分作る時とそうでない時の中間をとって 6人分 くらいにしてみます。
  • 次にパンについては1日1食、そして日持ちを考えて2日分として 8人分 としてみます。
  • 最後にケーキについては1人1~2食分くらいで間をとって 6人分 としたいと思います。

所要時間

  • まず、料理については慣れれば1時間で充分行けそうなので、 1時間 で置きます。
  • 次にパンについては待ち時間も多いですが 1.5時間 くらいかかるみたいです。
  • 最後に、ケーキについても 1.5時間 くらいで見積もってみたいと思います。

使用頻度

  • 料理については、1日3食どこでも使えますね!とはいえ朝はパンとかだったり外食の日もあったりするので、1日2食と置いてみます…1回あたり1.5食分作るとして、 1.33回/日 になりました!
  • パンについては2日分つくるので2日に1回として 0.5回/日 になりました。
  • ケーキについては… なかなか作っても食べる頻度が少ない! どんなに好きでもさすがに週2回くらいかな…ということで、 0.28回/日 と置いてみたいと思います。

受講料金

私が体験レッスンを受けたABC Cooking Studio(あ、言っちゃった…)では標準回数として、
料理:60回、約33万円
パン:24回、約12.5万円(割引後価格)
ケーキ:36回、約20.5万円(割引後価格)

そしてペイできるまでの期間は…!?

パンとケーキはそもそもペイできない!?

まずは1~3を踏まえて、1回あたりどれだけ節約できるか試算したいと思います。
計算式としては、

①原価と既製品の差額 × ②1回に作れる数

でしょうか…いや時は金なり、所要時間に時給を掛けるのも大事ですね!

①原価と既製品の差額 × ②1回に作れる数 - ③所要時間 × 時給

ここで時給を低めに1200円と仮定してしてもこんな結果になりました。

1回の節約額
料理 300 × 6 – 1200 = 600
パン 100 x 8 – 1200 x 1.5 = -1000
ケーキ 250 x 6 – 1200 x 1.5 = -300

…ということでパンとケーキがまさかの赤字転落になってしまいました\(^o^)/

一方、料理は1年ちょっとで元取れる!?

そして料理のほうも1回あたりの節約額については600円程度でしたが、1日当たり1.33回効果を発動できるので、 1日あたり800円 の効果を生みますね!
塵も積もればあっという間に山になるようで、 1年間365日かけ合わせれば、29.2万円 …と元が取れる一歩手前まで行けてしまいましたw

毎日外食や弁当、惣菜想定との比較なので極論かもしれませんが、毎食美味しいのを作って食べられるようになったら金額に換算してこれくらいの効果はあっておかしくないと思います!

でもプライスレスな要素も大事

とはいえやっぱり楽しくケーキを作ったり振舞うことが出来るようになるのもプライスレスな価値だと思います。
ということで簡単に比較してみます。

楽しさ

  • 料理:嫌ではないが、必要に迫られてる感はありますが、考えるのが好きな人だと意外と考慮ポイントが多くて楽しいと感じます。
  • パン:講師曰くストレス発散にもなってハマってしまうとのこと。口コミでも散見されますが、僕と妻は感じず…人によって意見が分かれそうですw
  • ケーキ:見た感じは楽しそうだが、器用さが無いと辛そうに見えますw

まあ人それぞれ感じ方が違いますので、人次第と思いますw

その他効果

  • 料理:既製品は炭水化物比率&添加物が多いので、自由に自炊できれば栄養バランス、添加物など健康面への貢献も大きそうです。料理はどこまでも実利中心ですね…w
  • ケーキ、パン:料理教室のレパートリーを見ていると お店顔負けの種類の豊富さ に驚きます。店では売ってないおいしさを実現できるかもしれないですね。

結論

実利を考えたら料理一択。 費用対効果でペイしやすく、おまけに健康効果も狙えます。
作ること自体が楽しくて趣味に出来るならパンもケーキもいいかなあ(逆に趣味に出来ないなら割に合わない)という結論に至りました!

~パンとケーキ教室が安いのはたぶん需要が無いからなのでは…w~

草津温泉はよいとこ、写真映えを求めて

たまには温泉につかってゆっくりしたいなあと思い、草津温泉に出かけてみました。
写真映えするところだと銀山温泉の旅館街がすごくネットで拡散されて有名な印象ですが、長い歴史と知名度を誇る草津温泉も負けず劣らずで楽しめました!

夜は湯畑から湯の霧がかかって幻想的!

草津温泉のシンボルと言えば、中心部の湯畑!大量の湯が絶えず流れ続け、大胆にも滝となって落ちていきます。
その大掛かりな湯だけでも見ていて飽きないのですが、夜はライトアップと湯気が絶妙にコラボして、幻想的な景色を見せてくれました!
行った季節がまだ寒かったのもあって、迫力のある湯気が見れました。

周辺スポットからもいい景色が眺められる!

軽井沢方面との途中にある、白糸の滝も素敵

帰りはちょっと寄り道をして、軽井沢方面から帰ってみました。途中に白糸の滝というスポットがありました。
メインは白糸の名にふさわしい静かな流れで、緑に覆われているところが綺麗でしたが、脇にある活き活きと流れる滝へは間近に近づけて迫力を楽しめるのが一挙両得でした。

透き通った榛名湖と眺めの良い榛名山

カーナビで東京から草津温泉までのルート案内を出すと、通常は川沿いの道が選ばれますが、距離がほとんど変わること無く榛名山を通ることもできます!

ちなみに旅館が朝食なしプランの場合、アイス食べ放題も面白いかも

旅館の朝食はだいたい1000円くらいして高いうえ、朝早いから他の場所で自由に食べようと思いました。
温泉街だとホテル以外に食べる場所があるのか不安でしたが、歩いていける距離にコンビニやパン屋があるので食べ物にはまず困りません。

それに甘いもの好きの場合、草津温泉の中心から歩いていける距離のこのお店だと 500円でアイス食べ放題 というなんとも至福な場所までありました!
グランデフューメ草津

フレーバーやお土産でウリにしていたラスクも自由に食べられて、満足度の高い内容でした。
ただソフトクリームを作る機会を上手く操作できなかったので、写真は上手くとれず…orz

Amazonでコンビニ受け取りが正常に出来ない時の対処法

Amazonでコンビニ受け取りで荷物を注文したけど、どうあがいても受け取れない…なんてことがあったので、その顛末と対処法を記したいと思う。
結局荷物を受け取ろうとするために コンビニに4回くらい出入り したり、 Amazonサポートに4回くらい問い合わせ したり 解決に1ヶ月ぐらいかかったり (しかも返品返金対応)するハメになってしまったので、今後同じような目に遭った場合にはもっと効率的に対処できるよう対処法まとめを記す。

コトの顛末

あれ…荷物が持戻になってるんだけど

いつも通りAmazonで荷物を頼んだところ、翌日到着予定のはずが中々コンビニに届かない…ヤマトの荷物検索でステータスを確認したところ、何故かステータスが「 持戻 」にされてましたorz
コンビニ受け取りのはずなのに、荷物を戻されるのはおかしい気がすると思い、ヤマトに連絡してみることに

ヤマトに連絡

電話でヤマトにその旨を連絡して、コンビニ受け取りから変更を試みるも、結論としては「コンビニ受け取りで指定した荷物の配送先を変えることは出来ない」とのこと。引き続き待つことに…

しばらくしてコンビニへ到着…しかし受取方法のメールが無く受け取れない罠

それから4日後に荷物の配送ステータスを確認すると、どうやらコンビニまで配達が完了している様子。
しかし、肝心の受取方法を案内するメールが着てない。
メールが届いてないことを疑い、「アカウントサービス」>「メッセージセンター」>「ご注文関連」にそれらしきメッセージが届いていないか確認するも、無い様子。

コンビニ店員に伺ってみるも門前払い

これではコンビニのFamiポートで認証番号を打ち込んで「申込券」を出すことが出来ない。コンビニに荷物はあるはずなのにもどかしい…とりあえずコンビニに行ってみる(1回目)
ここでコンビニの店員に、荷物が届いているけど、Famiポートで発券出来ない旨を相談するも、「 認証番号がない限り受け取れない 」の一点張り。物理的にコンビニに荷物があろうと、無理なものは無理そうなので一旦引き下がってAmazonサポートに連絡をしてみた。

正常に届かない時はAmazonサポートへ。しかし…

Amazonサポートへ連絡(1回目)したところ、無事認証番号をGETすることが出来た。早速コンビニに行き(2回目)、Famiポートに番号を入力してみる。
しかし今度は認証番号を入力しても、「 お客様の注文された商品は店舗にまだ到着しておりません 」の旨が、Famiポートに虚しく表示される。おいヤマトの配送ステータスを見る限りでは数日前にとっくに届いたはずやぞ(怒)
試しに番号をわざと間違えてみると別のメッセージが表示されるので入力ミスではないはず…

再度Amazonサポートに伺って対応してもらうも…

Amazonサポートに連絡(2回目)したところ、「前回お問い合わせ時に既に配達完了になっていた」ことが原因とみられるため、対応を行い再度「受取可能な状態の確認が出来た」旨を頂いた。またこの時点でお詫びに300円分のクーポン券を頂いた。

再度コンビニへ行った(3回目)ところ、同じ認証番号だったが、 それでも受け取れず… なんでや(泣)

再度コンビニ店員に伺って対応してもらうも…

コンビニ店員にその旨を話すと、前回の門前払い的な対応とは違い、今度はバーコードを通す処理をしてくださった。認証番号があれば前向きに対処してくださるご様子。
しかも同じ注文番号の箱までちゃんと見えるのでなんとももどかしい><
もう一度番号入力を試してみるも繋がらず…
さらにもう一度バーコードを通すのをお願いしてみたり、バッチ処理やキャッシュが入ってるのかなと想像して1時間待ったり明日また伺ってみたり(結局4回目…)するも、結果は変わらず。

待ってから試すのは後から思うと割に合わない徒労さがあるので、待たずに諦めても良かったかもしれない。

結局一旦返品/返金対応に

Amazonサポートにさらに再度(3回目)調査を依頼すると、今度は「受け取り期限をもうすぐ過ぎるため、返金されるのを待って欲しい」との旨をいただいた。
気づけば結局その間に旅行に出かけてたりしたのもあって、あっという間に受け取り期限が迫ってしまっていた。

しかし待てど暮らせど返金されず…調査依頼をしてようやく返金対応へ

それから2週間しても注文履歴でのステータスは変わらず、返金された気配は見られず…その旨をAmazonサポートに連絡(4回目)して調査をお願いしたところ、無事数日後に返金された。めでたしめでたし

結局コトの解決に1ヶ月ほどかかってしまった。

対処法まとめ

もっと確認や連絡を然るべきところにしておけば徒労も減ったに違いないので、もし今後同じトラブルに遭った方のために残したいとおもう。

何故かコンビニ受け取りなのに荷物が持戻になってる場合

  • とりあえずコンビニに再配達されるのを待とう。
  • 明日明後日に欲しいものだったら諦めて再注文&すでに注文したのは後で返品が早いかも。

コンビニに届いても何故か受取方法が通知されない場合

  • 「アカウントサービス」>「メッセージセンター」>「ご注文関連」 にメッセージが届いてないか確認
  • 無い場合は Amazonサポートへ連絡を コンビニに行って店員の方々に聞いても徒労に終わる。

連絡&確認はなるべく急ぐ or 諦めて返品を待つ

  • 1〜2回のやり取りで解決されるものではないこともあるので、連絡を急がないとあっという間に一旦返品対応にorz
  • Amazonにはコンビニに到着してから10日経過すると自動で返品される制度がある。都会だから良かったものの、コンビニが遠い場所で受取を試みるために何回も通うのは結構負担になるので、急いでなければいっそのこと返品待ち&再注文でもよかったかもしれない。

感想

今回は偶々注文した荷物が早く使いたい物ではなかったので良かったものの、 配達がトラブって遅れてもきっちり補填されるものではないので明日明後日使いたい荷物を注文するのはリスクのあること なんだな…ということを認識させられる出来事だった。

あとこのようなイレギュラーケースがたまに起こるのは仕方ないとしても、補填が300円相当とは対応の負担の割に安くて割に合わない気がするなあ…Amazonさん。