愛知県・伊良湖 春の菜の花祭り

桜がまだ早いこの季節、花を求めて菜の花を見に行く。
春を一足二足は先どったかのような陽気な雰囲気に、心が癒やされ、朗らかになっていく。

  • _DSC5913

    ちょっと南国風

  • _DSC5905

    入るのをためらい、そっとしておきたくなるような小路

  • _DSC5912

    菜の花に惹かれる蜂

  • _DSC5907

  • _DSC5915

プロにオシャレの仕方を教えてもらおうとしたら、ユニクロに連れて行かれた話

前編: オシャレの仕方が分からないから、まずはプロに選んでもらおうとしてみる

待ち合わせ

待ち合わせ場所は渋谷の109‐2の地下にあるカフェ。渋谷区生まれ渋谷区育ちの僕は余裕をかましながら109−2はきっと109の隣だろうな…と思いながら探すも、見当たらない。
あまり時間に余裕がないと急に慌てて調べてみると、スクランブル交差点の近くの建物だった。早くも道を間違えてしまい…恥ずかしい。
どうやらココは109のメンズ版の建物らしい。
さすがはオシャレの最先端を使うつもりか…と思いきや、理由は「渋谷で空いていて、打ち合わせしやすいカフェはココだから」だそうだ!
渋谷をよく使う人ならではの着眼点で敬服する。

カフェにてサクッと今回のリクエストと今持っている服を伝えると、立ち寄る場所はその上のショップかとおもいきや…なんとユニクロ
どうやらこの109に関しては空いているカフェ以外に用は無いらしいww

まずはユニクロへ

そしてまずはユニクロへと連れられる。渋谷のユニクロといっても、他の店と比べて派手なものが売られているかというとそういうわけではない。
シンプルに無地のシャツやズボンなどを買い込んでいけば良い。
ここでのメリットといえば…だいたい安いので、お金をほぼ気にせず買える!ということだw

そんなこんなで買っていくと、1万円で春仕様の上下一通り+αが揃ってしまった。
予算は3万と決めたので、まだまだ余裕があるぞ〜!

Topic1:服を見て体を見ずにならない。

結構慣れないうちにお洒落しようとして失敗するパターンとして挙げられるのが、「なんかいい感じの見た目の服を買ったけど、イマイチしっくりこない、着たら笑われる」というパターン。
自分も結構それを繰り返して、思えばこれは浪費だったな…って服の買い物が多かったりするもの。
その原因は…一つの服だけを見てしまい、それを着た時の全体が見れてないからのようだ。
そう、木を見て森を見ず…ならぬ服を見て体を見ずになっているところ。
狭く深く興味が行きがちなオタクはよくやらかすパターンですね笑

靴も大事

ユニクロを出て次に向かうは…ABCマート。靴もかなり使い古してきたので買い替えよう。
1足あたり1万円前後になるので…ユニクロの時と比べれば結構慎重に物を見極めたくなってしまう。

色々と店内を物色しつつ、明るいねずみ色のスニーカーを購入することにした。
靴は面積が狭い分一見なおざりにしがちなポイントだが、色を明るくするとやっぱり雰囲気がどこか変わってくる…微妙な違いが差を生み出す感じがなんとも興味深い。

仕上げはH&M

そして次に向かったのは…H&M。あれ?もっとオシャレなお店へは行かないのだろうか。
一見何気なくズボンや無地のTシャツを買っていくが、よく着てみるとなんだかちょっとシャレオツに見えてくるから不思議だ。

色も春夏に合わせて薄めの色を選んでいくが、結構他の人に選んでもらうことでさり気なく服装の傾向って変わってくる気がする!
…なんてことを感じつつ1万円分買ったら、ここでアテンドは終了となってしまった。

もっとオシャレなお店に行くには、買い揃えた上で出直して来いとのことみたいだw

Topic2:オシャレは一日にしてならず

とりあえずお洒落をするなら、お洒落な店に行って高い服を買えばいいものではないようだ。
むしろ値段が高いほど着こなしが難しくなってしまう。
何故かというと、合わせてオシャレになる他のアイテムが限られるからだという。
なので高いアイテムを買ってオシャレになるには、他の揃え具合と相談したり併せて買うなり…と着こなしが難しい世界になっていくようだ。
勉強やお仕事とでは基礎をすっ飛ばして応用に行くことはいけないと分かっているが、お洋服となるとそういった意識がすっ飛ばしがちになってしまうこともあるな…と気付く。

ここで基礎となるのが、ユニクロH&Mでとにかく思い切って安く、多く買いそろえていくこと。
多種多様なパターンを用意していくことで、お洒落な一点ものに合う普通のお洋服のパターンが難なく見つかるようになるからだ。

まとめ:オシャレは趣味の一つと思えば、安い初期投資である。

カメラや登山…などといった趣味には初期投資が必要なのと同じで、お洒落にも初期投資が必要である。
いきなりお洒落な服を買うというのは、例えばスニーカーにTシャツで富士山に登りにいくような、ハイリスクな行為と思えば確かにそうだ。

そこでちゃんと準備をするためには、とにかくファストファッションでいろんなパターンの服を買いそろえていく、ということが挙げられる。
こうすることで、何か一癖のあるお洒落なものを単体で買っても着こなせるパターンが生まれやすいし、なにより単体でもそれなりにお洒落になる。

一眼レフカメラとかを買っていた身としては、比較して初期投資として3万円は案外安い…格安レンズ1本分でしかないから、と結局のところ自分の中では納得してしまった。

オシャレの仕方が分からないから、まずはプロに選んでもらおうとしてみる

きっかけ

世の中にはお金を払って洋服を選んでもらうサービスがあるらしい…という情報を入手した。
高校は男子校、大学はチェックシャツでお馴染みの理系大学で育ったまま社会に出てしまった僕は、周りの人達のオシャレさに愕然とする。

今更どうやって覚えていけば良いものか分からず途方にくれている時に調べてみると…どうやらプロの方に洋服を選んでもらえるサービスがある、ということに気付いたのであった!
壊れた機械を修理したい時と同じように、素人は自分で試すよりもプロに任せる・課金で解決するが手っ取り早くて確実だ。早速試してみたい。

業者選定

調べてみると、ERANDE(長期休止中)、ファッションアテンダントコデチケ!などのサービスがあり、また、店によっては店員にお願いするサービスもあるそうだ。
以下のように比較をしてみたいと思う。

サービス 選択肢 価格
ERANDE ✕(予約できる人がほぼ居ない)
ファッションアテンダント △ (2時間1万、3時間 1.5万円) ○ (厳選)
コデチケ ○ (1時間当り1000円程度〜) ✕(選考無し)
店員 ✕ (各店数名) ◎ (無料) △ (店都合のセレクトになる恐れ)

冷静に考えると、料金は割りとどうでもいい

数時間洋服をお買い物するのであれば、何着も揃えたいわけで洋服代は3万円とか5万円くらいを考えたいところ。
それを踏まえると、価格が0円か5000円か1万円かを気にするよりも、洋服に投資する3万円がコーディネータの手でちゃんと活きるかどうかのほうが重要だと思う。
そう考えていくと、質が博打になるアテンダントの選考が無いサービスと、店側の都合で服を買わされる危険のある店員セレクトは選択肢から除外と判断…
…ということで、ファッションアテンダントさんに選んでもらおうと思ったのでした。

要件定義

気になるアテンダントさんを決めた上で、このようなリクエストでオーダーしてみることに。
– 予算は3万円
– お仕事が私服なので仕事上でも使えるよう多少大人っぽく見えるようにしたい。
– できればメンテナンス性がいいこと
– ファッションの知識はないので具体的にどれが欲しいかのオーダーは無し。

といった形で、出来るだけプロのセンスに任せてリクエストしてみようと思う。
さあ、どのような形になるか楽しみだ。

続きはコチラ→ プロにオシャレの仕方を教えてもらおうとしたら、ユニクロに連れて行かれた話