気づけば預金口座が7桁になってたのでソーシャルレンディングを始めようと思う

実家ぐらしで社会人生活を1年間していると、ある悩みが生まれるものである。
それは何か… お金の使い方 である。
社会人になると、自然と増えていく預金口座の残高に悩まされることは無いだろうか。使おうと思っても使いたい先が見つからなかったり、使うためにわざわざ時間割くのもアホらしい…と思ったりで。

今は結構インフレしているご時世なので投資がしたい

なら貯めておけばいいじゃんって話だが、少し前の絶賛デフレ中ならまだしも、社会を見渡すと じわじわインフレしている ことに気づく。

2012/2013年頃と比較すると、ネズミの国は6200円→7400円に値上がったし、開業当初でさえ強気?と思ってたスカイツリーの入場料は知らぬ間に3000円→3600円前後と天井知らずの値上げをしていたし、街宣車でしつこく騒音を発しているロボットレストランなんかは食事込4000円→8000円+食事代と、 びっくり仰天4年間で2倍以上のインフレ率 である。

お仕事道具のPC値段も5年前と比べて184,800円→305,424円(Macbook Pro15インチ)だしiPhoneは51,360円→78,624円…と新興国かと思うようなインフレっぷり。
そんなご時世にも関わらず、銀行の預金の利子はほぼゼロ…とは勤勉でコツコツな人にとってはすごく損な社会だ。

となればお金は投資しないともったいない。ということで投資先を考えてみる。

投資先を考える

まずは 自分に投資 ということを考えてみよう。

自分への投資先

投資先 費用 費用対効果 リターン・リスク
ダイエット 0円〜 やる気次第 リスク少、本気ならリターン高
勉強 数千円〜 本なら高、セミナーは…? リスク少、本気ならリターン高
恋活・婚活 数万〜 容姿/内面による どちらも高。リターン上げるなら容姿・内面を磨くこと
オシャレ 数万〜 手入れとセンス次第 購入だけではあまりリターンが高くない。洋服の運用をしっかりするのも大事

といろいろ考えてみたが…要するに ちゃんと効果出すにはお金以上に時間と気力がいる って結論に至ってしまった。かなしい。

となれば他の場所へ投資を考えよう。
自分を信じて自分に投資すら出来ないポンコツが何を言ってるのかって話であるが、うん…

他の場所への投資先

投資先 費用 期待値 コメント
競走馬 任意 0.75くらい ちゃんと期待値を上げるには膨大な統計分析がいりそう。めんどい
宝くじ振興会 任意 0.5くらい どうでもいい公共事業に投資するつもりでないと買えない
友達 相手次第 0〜1+プライスレスな何か 人を見極める力が求められる。コミュ障には難しい…しそもそも友達居なかった
数百万〜 1.5前後? 過疎化のご時世なので下手に安く田舎のを買ったり、借金して買って金利払ったら割に合わなそう。
石油採掘所 数億〜 数億あれば高クオリティなソシャゲが作れる。今の時代は石油王よりもソシャゲ王のほうが当たった時の利益がでかいと思う
会社(株) 数万〜 0〜∞ 平気で半分とか倍になるし、割りとリスク/リターン高め
投資信託 数万〜 0〜∞ いろんな投資先に分散しているとは言え、同上
FX 数万〜 -∞~∞ 爆儲けする可能性もあれば、急な値幅変動時に元本が無くなるどころか突然莫大な借金が発生するリスクさえある。

…などといろいろ考えてみたけど、金額的に無理だったりハイリスク・ハイリターンだったりする。
そして、なにより 思考を停止できない
ちゃんとカモられずにそれなりの利益を得るためには、ちゃんと勉強を行うだけでなく、 様子を随時確認する必要がある。
あくまで仕事を本業としたいのでいちいち気を取られたくない身としてはあまり好ましくない。

ある程度思考を停止できる投資先

1.リスク・リターンの少ない投資先を選ぶ
国債や大企業の社債など。潰れない限りは必ず利子付きで返ってくるので一見リスクは低いように見えるが、5年10年とスパンが長い。
5年10年したら自分が途中でお金が必要になる可能性も高そうだし、社会も5年後10年後どれだけインフレしてるか分からないので、1〜2%の金利では割りに合わなそう。

2.ファンドに出資する
みんなで出資し合って、不動産や複数種類の株などを買って運用するスタイル。
運用はお任せなのでこちらの考えることは少ないし、少額ではしづらいリスク分散や利回りが高いものに間接的に出資できるメリットもあるが、運用失敗や手数料が取られたりと元本割れのリスクも高い。

ということで、やるとするならファンドに出資かな…と考えていたところ、 ソーシャルレンディング という概念を見つけた。

ソーシャルレンディングとは

要するに 銀行では借りれない短期・新興企業のプロジェクトへやや高利で出資する ということらしい。
簡単に言うと (ちょっぴり)危ない金融、のおいしいトコだけを取れる ってことなんだろうか。
しかも期間が短い・担保があるプロジェクトが多いので、あくまでリスク承知の上だが試しやすい。
しかもそれで貸し倒れがまだ0だったりするって…本当かよw

なぜ回収に数年〜数十年掛かりそうなのに期間が短いのか疑問はあるが、ほかで資金調達した上で一時的に足りない部分だけを追加で融資してもらうためだろうか。

具体的なところだと
クラウドバンク
maneo
クラウドクレジット
SBIソーシャルレンディング
といったところがあるようだ。スタートアップから大企業の影を感じるところまでたくさん参入しているようだ。

まとめ

  • あまり考えたり様子を見るのに時間を取られたくない
  • 程よいリスクとリターンが欲しい(かなりの高確率で元本を上回り、年率3〜10%程度)
  • 先のことは分からないので、とりあえず数ヶ月〜1年後には戻せるようにしたい

という要望を叶えてくれる資産運用方法が、 ソーシャルレンディング ということらしい。
こんな美味しい話あるのかよって感じだが、ちょっとだけ試してみようと思う。

相席屋より気軽に行けそうな相席カフェを見つけたから行ってみた。

相席屋は敷居が高いけど…

最近どこの街でも見かけるようになった相席屋。
でも一番立ちはだかる最大の難所…といえば、おひとりさまNG

  • こういう感じの場所に行くのが好きな相手を探して誘う…地味に難しいわ!
  • 相席屋だと女性タダで食い放題だから、最悪の場合男性側と会話する気のない人が居てもおかしくなさそう

という点に敷居の高さを感じ、行けてなかったのであった。

そんな人のためへの相席カフェの存在

そんなときにふとネットサーフィンをしていると…最近では、一人でも行ける相席店があるという情報を入手した。

恋愛カフェ ロハス銀座・池袋 http://lovecafe-lohas.com/

  • 一人OK
  • 昼間はカフェ形式でお酒なし(別に僕は酒の力を借りて話したいわけではない)
  • 昼間はカフェ形式で2500円/1h

…まあこれなら社会人の金銭感覚になれば試してみたくなるものだ!孤独に貯金貯める生活を続けるのは嫌だし…

場所は銀座と池袋があるらしいが…なんか銀座は街の雰囲気がおしゃれで大人すぎてついていけなさそうだし池袋にしてみよう。

仮説:オタク寄りの僕は池袋に行くとうまくいくのではないか

  • 根拠1:池袋といえば埼玉県民がよく来る場所。銀座とか六本木みたいな都会すぎる雰囲気に圧倒されずかつ田舎っぽくもない、ほど良い雰囲気になるのではないか。
  • 根拠2:池袋といえば(女性向け)オタクの聖地。アニメ漫画大好きとまでは行かなくてもオタク趣味を少し知ってる、理解のある人が多いのではないか。

レポート

さて、シャワーして髪をとかして、眼鏡を外してコンタクトをつけて、服もちょっとアイロンがけして…服もびしっとした感じのがいいのかなっと、よし出発。

寒くて雨が降ってるし、今日は休日でもきっと空いているに違いない!池袋駅を東口に出て、寒さと緊張で震えながら歩くこと数分、雑居ビルの4Fに恐る恐る入るとすぐにご案内。

店内観察

しかしながら生憎来たときは男あまりの状況だったので、しばらく待ちorz。
一応Twitterでも男性側が多いことはつぶやかれていた[^3]ので多少は…と思ったが、結構そのあとも男性客ばかり入ってきたりで2倍くらいの人数差を感じる。
本当に話せるのか?と疑問に感じつつ、不安と緊張が高まってしまう。
まあ待ってる時間のぶん無料で暖をとれるのはありがたい。
が…暇つぶし用に持ってきた漫画も、暗くてにぎやかな音楽がかかってる店内だと落ち着いて読めないorz

マッチング希望はあって無いようなものかもしれない

一応入店時出会いの希望は聞かれ、リストバンドで「結婚相手探し」「恋人探し」「友達探し」「合コン・飲み相手」と区別されてはいる。僕は「恋人探し」か「友達(からの恋人)探し」かなと迷いつつ、前者を選択。
しかし、店内を見渡すと、男女5~10組程度しか見当たらない。満席でも10組程度ではないだろうか。年齢とかの考慮も考えたら、希望通りのマッチングができる割合は低くないかと疑問を抱く。

一人でも浮かない。普通

男性客は結構一人で来る方も少なくないようなので、そこは安心して大丈夫だった。それに対して、女性客は2人で来る割合が比較的高いように見えた。
ここで(特に恋人・結婚相手探しの場合は)2人客をバラしてそれぞれ別の一人客に充てたほうが効率的だしそうするのかもと思ったりしてみたが、そういった様子は見られなかった。

なので男1:女2の状況は発生しやすいようだ。その場で話す分には楽しいが、真剣な婚活・恋活だったら片方にアプローチしつつもう片方をどうフォローすればいいか難しそう…と疑問がわく。

お値段は高いが利益低そう

それにしても男性側は2500円/h(ケーキ付)、女性側は600円で居放題って…女性側が安いのはいいとしてカフェにしてはかなり利益とりやすい価格水準だな…と思っていたが、なかなかそう上手くは行かないようだ。

というのも
– 1人の待機客を4人席で広々と待たせるほどに空いたりしている。
– 男性・女性が揃わないと時間のカウントが始まらないため、店内の充填率を上げづらい

といった感じで、どうしてもハコの割りに有効な人数を埋めるのが難しかったり、需給バランスを取りづらかったりするようだ。ちょっと勿体ない。男性2000円/h、女性300円とかして客を増やしたりはできないだろうか。

結構盛り上がる会話も聞こえる

あとは初対面同士にも関わらず、結構にぎやかな話し声も聞こえるようだ。話し声も女性側のほうが多く聞こえるし、女性側がちゃんと頑張ってくれているのは嬉しい。僕もちゃんと会話できますように…!

本番

一人目:30代、激レア、埼玉住み

30分ほど待って、いよいよお待ちかねの対面タイムがあっさりとやってきた。
一人目の方は僕(24歳)より10くらい歳が上に離れてそうな方で、でもエヴァンゲリオンのアスカの似合う可愛い方であった。
もし相手が真剣に恋活・婚活をしてたら歳の差的に気まずいなと感じつつ、会話を始めた。
会話するのは好きだが、インドア・やや内向的な感じで賑やかに盛り上がってはしゃぐのは苦手だという感覚がちょうどいい。

彼女はどうやら同人誌作家からの漫画家として働かれていた方のようで、まさかこんな珍しい方に会えるのか~とびっくり仰天である。ただ漫画家はフリーランスだったりするので会社勤めよりは交友関係が狭くなりがちで、出会うのは大変なようだ。

少し経つと彼女はお手洗いへと出かけた。その間にドリンクを頼むが…なかなか戻ってこない。体調の問題ならしょうがないけど、ぎこちないとか生理的に受け付けないとかの感じで嫌われてしまったのかなうわあああ…と不安になりつつ、次もマッチングさせてください[^2]と店員に懇願する目を向けながら気を紛らわすべく漫画を読む。

しばらくすると戻ってこられたようだった。長居するとさすがに休憩も欲しかったんだろうと思い、気にせず会話を続ける。
最後はコスプレをされていた話まで出てきて、埼玉住みだったり[^1]とまさに池袋に居る中でも濃い方だなあと僕の仮説の正しさにちょっと自分で驚いてしまった。

落ち着きながらも、きちんと目を合わせて伝わってくる真剣さが、なんとも印象的であった。
結構何度も来て長居されているようなので、近いうちにいいご縁がきっとありますようにと思いつつ、席を後にした。

二組目:同い年の明るい二人組、埼玉出身

願いはかなった。しかも同い年くらいの方と合わせてくれるとは、感謝…圧倒的感謝!

話してみると二人とも首都圏出身で、しかも同い年だった!親近感がわく。結構明るく好印象だ!
ただこのお店はたまたま見つけて来たような感じでリストバンドの色も「友達探し」「合コン・飲み相手探し」となっていた。ここはシンプルに会話を楽しもう。

結構僕からしゃべる側になるよう話を引き出してくれたり、エンジニアなのにちゃんとコミュ力ある…と社内では滅多に言われないほめ方をしてくれたりと、聞き上手・話し上手な方!
PairsやOmiaiだと歳の上下関係なく仲良くなるまで敬語が常識とされる中で、こういう場でタメ語でいいよって言われるのは結構新鮮で少し戸惑いながらも嬉しい。

結構普段は実年齢より下に見られることが多かったが、白い薄ジャケットを着たせいか上に見られたり…したのもちょっと嬉しい

リピート率低め!?

彼女曰く、どうやらほかに話したお客さんも初めての方ばかりだそう。売上が立つかどうかって、リピート率(とリピートしたくなるサービス水準)が大事なのにこの店は大丈夫だろうか…と心の中で憂う。

連絡先交換チャレンジ

感じがよかったけど趣味とかの話をあまり聞き出せなかったから、次のお誘いを入れるよりかは後でゆっくり話してから考えようと思い、チャレンジしてみる…連絡先交換!

相手からはあっさり「いいよ~」と。結構そんなものなのか。
ふるふるで追加して…とよし

退店後に今日はありがとうのメッセージ文面を考えながら意気揚々と確認するも…あれ、二人の名前がリストにない

…意 気 消 沈

これってもしかして…連絡先交換をするフリだけをする交わす高度なテクニック?
それとももしかして…相手の追加を確認しないですぐアプリ閉じてしまった自分のせい?

そしてどこを探しても見当たらない、相手のアカウント名とアイコン

どうやら「ふるふる」はちゃんとその場でお互いに友達追加をしないと跡形もなく相手の表示が消えてしまう儚いシステム[^4]らしい…勉強になった。

真相は知らぬが、相手も出会いというよりかは興味本位・いろんな人を観察したいって感じに見えたし、なにより単に楽しかったしまあいっか。(もし…相手が本当に交換したいと思っていたら申し訳ない)

総評:コミュニケーションの練習にはなる。収穫を得られるかどうかはレアガチャ

利点

  • 思い立った時に行ける
  • 場所柄で客層もだいたい選べる…かも
  • 必ずある程度の時間話せる。相手も安く寛ぎたいからでなく、気持ちよく会話を楽しむスタンスのある方が多く嬉しい。
  • マッチングを店側が勝手に決めてくれるので、入れば格差を感じることなく平等でいられる!

欠点

  • 相手は選べない。出会いの希望もあって無いもの。
  • 女性は時間無制限なので、男性が一度に女性に会う数<<女性が一度に男性に会う数の非対称性がある。
    • とはいえ女性の時間無制限を崩したら圧倒的に男余りになりそうなジレンマ…
  • お互いこれっ!と思えるような相手を見つけるのには非効率そう

感想

個人的にはたまに行きたい。

注釈

[^1]ただし彼女曰く、結構来てるお客さんは千葉や茨城など様々だということだった。
[^2]1時間2500円で、1組の相手と会話できる時間は30分。通常なら1時間2組会話できることになるが、男性が多い場合は2組目のマッチングが見つからず待機のまま時間だけがカウントされる場合がある…という残酷な制度とほかのブログに書いてあった( http://yutori-kun.com/yutori/aiseki-cafe-ginza-3060/ )
[^3]こちら( https://twitter.com/lohas14701332 )で確認できる。結構日によって気まぐれに女性男性どちらが多いか変わるようだ。「先行中」の場合は待ちやミスマッチを覚悟で、特に「大幅先行中」の場合は行くのをあきらめたほうがいいかもしれない。
[^4]IDで追加した場合、相手のLINEの「友だちかも?」リストに表示されるし一方的にも送れるが、ふるふるの場合一方的に追加してもその表示すら無いようだ。確実さを求めるならちゃんと確認するかID等別手段のほうがいいかもしれない…勉強になった。

耳かき店にいってみた。そこはコミュ障でも緊張しないよう徹底されたリラックス空間だった。

思い立ったが吉日

休日全然予定が埋まらない僕は今こそチャンスと思い、新宿にでも行こうかなと家のドアを開ける。
最近耳かきしてないしまともに休日会話してないしできたらマッサージをして欲しいかも…と思って向かったのは、山本耳かき店の新宿東口店

初めてだし気分で行ったし誰がいいか分からない(別に一番可愛い子がいいって訳ではなさそうだ)し…ということで、予約なしで突撃。

緊張しつつも4Fのお店に入ると…狭い店内ですぐそこには客と店員の会話が賑やかに聞こえていかにもな雰囲気を感じる。
小さなカウンターで聞いてみると、土曜午後だから予約なしは待たされるのかな…?と思いきやあっさり行けてしまった。

コースは30分と60分。事前に調べた感じだと3200円と5700円だし、それなら30分でいいかと思っていたものの…

60分が5200円に割引で、軽く肩や腕などもマッサージしてくれる…のを見て心が揺れてしまう。
上手い商売テクだなと思いつつも、つい60分を選択。

ドキドキより癒やし

そして心の準備をする間もなくご案内される。それは指名じゃないのに可愛いお嬢様。
店内に入ると暗くて香りが漂う。雰囲気は出し過ぎじゃないかなと思いつつも、ゆったりとした空間を眺める。

最初に出されたお茶を飲み、いざ膝枕を…となる途端、
メガネを預かられる。これでは可愛い子を眺められない…

と思った次の瞬間

「では横向きになってくださいね〜」
「タオルをかぶせますね〜」

の声で、視界がシャットアウト
…ということで、耳かき中は女の子を眺めることが出来ないようだorz

しばし会話を楽しむ

そっと耳をマッサージされながら、ゆったりこのまま眠るようにしてもいい気はするがなんだかもったいない。

PairsとかOmiaiやってる時に考えた話題の出し方を実践だと思いつつ、話すことにTryだ。休日何してますか?とか、ご趣味はなんですか?とかから始めよう。

この女の子を眺められない制度、従業員への配慮なのかもしれないが案外悪くはない。
コミュ障な僕は相手の顔をつい伺おうとすると緊張して言葉が詰まってしまうのだが…それがなく落ち着いて話せる!
きっと相手もお客さんの顔色を伺って緊張しすぎたり…が無いように配慮しているのかもしれない。

どちらにせよ、コミュ障でも緊張しないよう話せるための配慮なんだな、と感じた。

オタク好みな趣味・人物像

話してみると
・内向的(だが無口にもならずはしゃぎすぎず、程よい調子で会話してくれるのが嬉しい)
・元々コミュ障だが接客は好き。この仕事を通じてだんだん話せるようになってきた。
・一人で行動することも多い
・アニメや小説、喫茶店巡り(店員にもしている)やスーパー銭湯が好き
などの話が出てくる。共通のアニメの話題もいくつか出てきたり、親近感を覚えやすい人柄が垣間見えて話しやすい。後で見たいアニメも出来たぞ!

話が合うのは嬉しいが、もしかすると客に合わせて話し方や人物像を合わせたり、メインの客層に応じて話題の情報収集をしている…のかもしれない(だとしたら地味にすごい努力…!)。

結構ベテランが多いらしい

耳かき店に勤めて何年か聞いてみると、彼女は1年程度とのこと。入れ替わりが激しそうだし長い方かなと思いきや、なんと長い方だと4〜5年のベテランも普通にいらっしゃるよう!
もちろん最初は研修からだったり空いてる時は店員同士で耳かきしてフィードバックし合ったり…など、技術を磨く姿勢も嬉しい!

若さだけでなく技術のある方に…といったニーズにも答えてくれそうなところに個人的には好感を持てる。

お客様は恋愛対象外?

話もはずみ、
女子「(前略)…友達と彼氏居ない〜って嘆き合ってたりしてます」なんて会話になったところで…

さあどう返すか。

  1. 冗談っぽく「じゃあ僕じゃダメ?」
  2. 客は恋愛対象外だよねの前提で「ここだと出会い少ないですよね」

う〜ん、でも1. を冗談っぽく言う自信がないしなとチキンな僕はすかさず2.を選択。

女子「そうそう、お店では店長しか男がいませんしw」

やはり客は恋愛対象外ですよね〜〜

もしかしたら他の客の話は僕の気を悪くさせるからと思っての気遣いかもしれないが、これ以上深読みしても意味ないからやめよう。

結局最後は出会い系サイトの話に

結局出会えないね〜、から最後は出会い系サイトの話に。ちなみに彼女は興味はあるが使ってはいないようだ。

女子「ちゃんと話題を出してたりコミュニケーションしてくれるじゃないですか」
僕「いえいえ〜。PairsとかOmiaiでメッセージを交換する際に練習してます(笑)。結構話題や質問を振らないと反応してくれなくて、結果話を聞いてばかりになるのが悩みなんですけどね」
女子「顔が見えないのが不安なせいかもしれないです。ネットじゃなくてリアルの場で会うのも良さそうですよ〜」
僕「試してみます(笑)」

なんて話を、タオルで顔を隠されながら話す。
耳かき店で、こんな出会い系の話をするのって新鮮だ。

総評

会話と癒しが主眼で時間5000円は高くはないと感じる。タッチ厳禁のガールズバーもそれくらいだし、ガールズバーより大人しい客層に合わせた形態なのかな、とも感じられた。

気軽さ:◎

指名も可愛さ要素があまり絡んでこない(どうせ最初と最後しか見れない)ので、この人の常連になりたいっ!って訳でなければ要らなさそう。
土曜午後でもすぐ入れるのはありがたい。

ドキドキ感:✕

相手の顔を見ることは出来ないのでそういった感覚にはあまりならない場所。
女の子の明るい声のトーンや優しい耳かきやマッサージの心地を感じながら、ゆったりとした癒やしを感じられることをコンセプトにしているのかなといった感じで、女の子の顔を見えなくするのもそれに合わせたサービスなのかなと思うほど。

会話の楽しさ:◎

恋愛っぽいドキドキ感もないし、職場で話慣れた相手に何話せばーとかミスらないようにしなきゃーって感じの緊張感も無いし、相手の顔色も見ないから、どにかくリラックスして会話できる!
満足感の半分くらい、いや半分以上はここなんだろうなってくらいの感じ。

あとがき

普通の人と会話する時も緊張しすぎないよう、頭にタオルを被りたい。